法人・事業主のお客様
水島信用金庫について
採用のご案内
ホーム > 投資信託

投資信託

投資信託(ファンドと呼ばれる金融商品)は、多くのお客さまからお預かりした資金をひとつにまとめて、資産運用の専門家である投資信託会社が、複数の株式や債券などに分散して運用し、その成果をお客さまにお返しする仕組みの金融商品です。

ファンド基準価額一覧

いろんなメリット

■小口投資株式投資や債券投資にはある程度まとまった資金が必要ですが、投資信託は1万円程度からはじめることができます。
■分散投資投資の基本は、資産をいくつかの商品に分けてリスクを分散させることです。投資信託は1つの商品を購入するだけでも銘柄の分散効果を期待できます。
■専門家が運用投資にはいろんな専門知識・技術が必要ですが、投資信託は投資家に代わって経済・金融の知識を身につけた専門家(ファンドマネージャー)が運用します。

「投資信託」の仕組み

投資信託取扱商品(ファンド)一覧

ファンド名投資リスク
しんきん公共債ファンド
(愛称:ハロー・インカム)
グローバル・ソブリン・オープン
(毎月決算型)
①・②
DIAM高格付インカム・オープン
(毎月決算コース;愛称:ハッピークローバー)
ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン
(年1回決算方;愛称:杏の実(年1回決算型))(毎月分配型;愛称:杏の実)
マニュライフ・カナダ債券ファンド
(愛称:メープルギフト)
しんきんアジア債券ファンド
(毎月決算型;愛称:アジアの恵み)
DIAM高格付外債ファンド
(愛称:トリプルエース)
クルーズコントロール①・②・③・④
しんきん世界アロケーションファンド
(愛称:しんきんラップ(安定型))
①・②・③・④・⑤・⑥
しんきん3資産ファンド(毎月決算型)②・③・⑤
しんきんインデックスファンド225
しんきん好配当利回り株ファンド
グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)③・④
しんきん世界好配当利回り株ファンド(毎月決算型)
しんきんJリートオープン(1年決算型)(毎月決算型)
三井住友・グローバル・リート・オープン
(毎月決算型;愛称:世界の大家さん)
⑤・⑥
新光US-REITオープン
(年1回決算型;愛称:ゼウスⅡ(年1回決算型))(毎月決算型;愛称:ゼウス)
※ダイワ資産分散インカムオープン(奇数月決算型)(愛称:D・51)①・②・③・④・⑤・⑥
※ニッセイ日本勝ち組ファンド(3ヵ月決算型)
※三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド
※グローバル・ソブリン・オープン
(資産成長型;愛称:グロソブN)
①・②
※DIAM高格付インカム・オープン
(1年決算コース;愛称:ハッピークローバー1年)
※三井住友・グローバル・リート・オープン
(1年決算型;愛称:世界の大家さん(1年決算型))
⑤・⑥

ファンド名の先頭に※がついている商品につきましては、新規お取引は停止させていただいております。現在お持ちのお客さまは、購入可能です。


ファンド基準価額一覧

投資リスクについて

投資信託には、投資する対象によって様々な投資リスクがあります。

ファンドによって投資リスクの種類は異なりますので詳しくは各ファンドの最新の目論見書でご確認ください。

リスクとの上手なつきあい方

リスクの軽減

「卵は1つのカゴに盛るな」

これは投資信託を説明する際に、よく例に出される有名なことわざです。

カゴを分けておけば、たとえ1つのカゴを落としても、他のカゴの卵までは割れないで済むということを表しています。

これはリスク商品に投資する場合にもあてはまり、この卵と同じように分散させたほうが安全だというわけです。

定時定額購入取引のご案内

ご指定いただいた投資信託に、毎月決まった金額を自動的に投資します。

定時定額購入取引のポイント

購入方法による平均購入単価の違い(例)

※基準価額は1万口あたりのものです。

※定時定額購入取引は、将来の収益を約束したり、相場下落時の損失を防ぐものではありません。

※上記の数字は仮定のものであり、将来をお約束するものではありません。また、上記の例では手数料は考慮しておりません。

※水島信用金庫では一定口数での購入は取り扱っておりません。

毎月分配型投資信託の収益分配金に関するご説明

投資信託の分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので分配金が支払われると、その金額相当分、基準価格は下がります。

なお、分配金の有無や金額は確定したものではありません。

 

分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当金当収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。

その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。

また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。

 

分配金は、分配方針に基づき、以下の分配対象額から支払われます。

①配当等収益(経費控除後)

②有価証券売買益・評価益(経費控除後)

③分配準備積立金

④収益調整金

右図のそれぞれのケースにおいて、前期決算日から当期決算日まで保有した場合の損益を見ると、次の通りとなります。

★A、B、Cのケースにおいては、分配金受取額は全て同額ですが、基準価額の増減により、投資信託の損益状況はそれぞれ異なった結果となっています。このように、投資信託の収益については、分配金だけに注目するのではなく、「分配金の受取額」と「投資信託の基準価額の増減額」の合計額でご判断ください。

受益者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部ないしはすべてが、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。

普通分配金:個別元本(受益者のファンドの購入価額)を上回る部分からの分配金です。

元本払戻金(特別分配金):個別元本を下回る部分からの分配金です。分配後の受益者の個別元本は、元本払戻金(特別分配金)の額だけ減少します。

 

投資信託に関する手数料等の概要

投資信託には、①から④にあるような手数料等がかかりますが、これらはお客さまのご負担となります。

投資信託にかかるご留意事項

  • 投資信託は預金、保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • 水島信用金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 水島信用金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • 投資信託は元本および利回りの保証はありません。
  • 投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生じることがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託には、換金期間に制限のあるものがあります。
  • 投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • 投資信託のご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧下さい。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等は水島信用金庫本支店等にご用意しています。
  • 投資信託は、購入・募集または換金時などに手数料がかかるものや、信託財産保留額が控除されるものがあります。なお、運用管理費用(信託報酬)等などの諸費用は信託財産から支払われます。
  • お申込前に「お客さまカード」のご記入や「契約締結前交付書面」の説明・交付をさせていただき、「投信募集・買付申込書兼確認書」により商品内容のご確認をさせていただきます。
  • 当資料は水島信用金庫が独自に作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

金融商品に係る勧誘方針

水島信用金庫では、金融商品の販売に関して「金融商品に係る勧誘方針」を定めております。

金融商品に係る勧誘方針

お問い合わせ・ご相談窓口

お取引のある水島信用金庫窓口まで。お取引がないお客さまは最寄りの水島信用金庫窓口まで。

店舗のご案内