法人・事業主のお客様
水島信用金庫について
採用のご案内
ホーム > みずしんインターネットバンキング > 不正送金被害に遭わないための対策について

不正送金被害に遭わないための対策について

不正送金被害に遭わないための対策について昨今、テレビや新聞でインターネットバンキングにおける不正送金について、頻繁に報道されております。

不正送金被害に遭わないために、以下の点につきましてご留意ください。

1.パスワードの変更

パスワードを定期的に変更してください。

他のサイト等で使用している暗証番号・パスワードを使いまわさないでください。他のサイト等から流出した暗証番号・パスワードを悪用され、不正送金の被害に遭うことがあります。

ワンタイムパスワードを使うと、より安全にお取引できます。詳しくはワンタイムパスワードをご覧ください。

2.振込限度額引下げ

振込限度額を必要最小限に引下げてください。万一不正送金の被害に遭った時の被害額を軽減できます。

振込限度額は、お客さまが申込書に記入した金額を上限として、その範囲内で、お客さまの自身の操作により変更できます。

上限の変更は、書面でのお手続きが必要です。お取引店にご相談ください。

3.セキュリティ対策ソフトの導入

セキュリティ対策ソフトを導入し、ウイルス定義ファイルやプログラムを更新し最新の状態を保ってください。

セキュリティ対策ソフトの使用期限が到来し更新手続きを行わないと、新しい種類のウイルス等により不正送金の被害に遭うことがあります。

セキュリティ対策ソフトと、インターネットバンキング専用セキュリティ対策ソフト「Rapport (ラポート)」を併用してください。「Rapport」は無料で利用できます。

4.OS・ブラウザの最新化

パソコンの基本ソフト (OS) 、インターネット閲覧ソフト (ブラウザ) は、ご利用推奨環境に合致するものを使用し、Windows Updateにより修正プログラムをインストールし常に最新の状態を保ってください。

最新の状態を保っていなかったり、サポートの終了したOSやブラウザを使用していると、セキュリティ脆弱性が修正されません。これが原因で不正送金の被害に遭う場合があります。

OS・ブラウザだけでなく、パソコンにインストールされた他のソフトにもセキュリティ脆弱性があります。修正プログラムが提供されたら、速やかにインストールしてください。

特に次のソフトのセキュリティ脆弱性は狙われやすいので注意してください。
◎ Adobe Reader
◎ Adobe Flash Player
◎ Java

5.インターネットバンキングマルウェアに感染させるウイルス付メールにご注意

昨今、インターネットバンキングマルウェアの感染拡大を図るウイルス付メールが大量に送信されています。

これらのウイルス付メールの添付ファイルを開き、インターネットバンキングマルウェアに感染すると、パスワード等が窃取されることなどにより、インターネットバンキングの不正送金などの犯罪の被害にあうおそれがあります。

添付ファイルの開封を促したり、リンク先のサイトの閲覧を促すような不審なメールには十分ご注意ください。

ウイルス付メールの情報については、日本サイバー犯罪対策センターのホームページで提供されておりますので、定期的にご確認ください。

日本サイバー犯罪対策センター
https://www.jc3.or.jp/topics/virusmail.html

6.インターネットバンキングマルウェア「DreamBot」による被害に注意

インターネットバンキングの預貯金を自動で不正送金する新型コンピューターウイルス「DreamBot」の被害が国内の金融機関で確認されています。

警察当局ならびに日本サイバー犯罪対策センターは、ご利用者が当該ウイルスに感染しているかどうかを確認できるサイトを開設しました。

安全のために、下記のリンク先サイトをぜひともご確認願います。

万一、ウイルスの感染が判明した場合、当該パソコンやスマートフォンを利用してインターネットバンキングのお取引はお控えください。

日本サイバー犯罪対策センター
https://www.jc3.or.jp/topics/dreambot.html

7.取引画面の確認

みずしんインターネットバンキングにログインする際に見覚えのない入力画面が表示された場合は、不用意にID・暗証番号を入力しないでください。

パソコンがウイルス等に感染した場合、不正な暗証番号入力画面が表示され、気づかずに暗証番号を入力してしまうと、入力した内容が詐取されます。

不正な画面の例

「あなたのコンピュータをシステムが認識できませんでした。」というメッセージではじまる画面で確認用パスワード等の入力を要求された場合、絶対に確認用パスワード等を入力しないでください。

不正な画面の例。確認用パスワードの数字は3か所以上同時に入力いただくことはないのに、4か所入力する欄があります。

不正にポップアップ画面を表示させてインターネットバンキングの情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意

インターネットバンキングにログインした後に、暗証番号などお客さまの情報を入力させようとするポップアップ画面が表示されるという事例が他金融機関で発生しています。

水島信用金庫では、ログイン後にポップアップ画面を表示しお客さまの情報を入力することはございません。

お客さまのパソコンがウィルスに感染するなどによって、類似の事象が発生する可能性もございますので、十分ご注意ください。

水島信用金庫を装う電子メールにご注意

金融機関を装って電子メールを送付し、メールを受信されたお客さまをその金融機関とはまったく関係のない虚偽のページにアクセスさせ、暗証番号などの重要な情報を入力させることにより、個人情報を取得するという悪質な詐欺事件 (フィッシング詐欺) が発生しています。

心あたりのない配信元からの電子メールのリンク先ウェブサイトへは、パスワードなどの重要な情報を入力しないでください。

ブラウザのアドレスバー表示例

[ Windows 8 + Internet Explorer 11 での画面表示例 ]

8.取引内容の確認

取引履歴照会や入出金明細照会により、不審な取引が発生していないか定期的に確認してください。

万一不正送金の被害に遭った場合に、被害の拡大を防ぐことが出来ます。

9.水島信用金庫を装って郵送されるCD-ROMにご注意

他金融機関において、インターネットバンキングご利用のお客さま向けに金融機関を偽装した CD-ROM が郵送され、インストールしたところ、インターネットバンキングのパスワード等が不正に入手され、お客さまの預金が不正に第三者に振込されるという悪質な事件が発生しています。

水島信用金庫では、 CD-ROM をお送りすることは一切行っておりません。万一、当庫名で送られてきた場合は、 CD-ROM をパソコンで読み込まないようご注意ください。

パソコンのセキュリティについてのご相談

パソコンのご購入店、セキュリティ対策ソフトを提供する会社のサポート窓口等にご相談ください。

また、IPA (独立行政法人 情報処理推進機構) では「情報セキュリティ安心相談窓口」を開設しています。ご利用方法は以下のアドレスをご覧ください。
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/index.html
IPA情報セキュリティ安心相談窓口 マルウェアと不正アクセス

不正送金の被害に気づいた場合

速やかにお取引店にご連絡ください。

また、お近くの警察署にもお届けください。